高耐力マイクロパイルの概要

●用途  ●施工  ●載荷試験結果  ●インデックス

高耐力マイクロパイルの概要

マイクロパイルは、1952年にイタリアでFernando Lizziによって開発され、それ以来世界各地で使用されるようになりました。わが国には、1979年に技術導入されました。

現在わが国で実用化されているマイクロパイルには、補強材や施工法の違いにより耐力・支持力の異なる 3種類 の工法があります。

高耐力マイクロパイルの特長

1. 設計面の特長
●小口径であるが高い支持力を得ることができる。
●押込みおよび引抜きに有効に抵抗できる。
●フーチング寸法を小さくすることができる。

2. 施工面の特長
●小型機械を使用しているので、騒音・振動が少ない。
●地中埋設物や既設構造物への影響が少ない。
●低空頭での施工が可能であり、3.5m程度の空頭制限に対応できる。
●砂礫地盤、玉石地盤および岩盤の削孔が可能。
●掘削土量が少ない。

高耐力マイクロパイルの構造

▲図をクリックすると、拡大図が見れます。

高耐力マイクロパイルの支持機構(概念図)

高耐力マイクロパイルは、定着部のグラウトと支持地盤の摩擦によって支持されます。 従ってグラウト加圧注入の管理が非常に重要です。

top | 研究会概要 | 施工実績 | リンク | 活動報告